新着情報

不動産が扱う新しい一戸建ての住宅形態

最近、不動産で取り扱っている物件の新しい住宅形態として、シェアハウスがあります。これは複数の住民が共同で暮らし、家賃が安いという印象が強いですが、最近は、豪華な施設などを売り物にした高級シェアハウスが増えている様子です。では、具体的にどのような施設やサービスがあるのでしょうか。まず一つ目は、3年間限定で豪華なアンティークに包まれた暮らしができるシェアハウスです。なぜ3年かというと、3年後に取り壊される建物だからです。アンティークショップとの提携により、上質な家具がそろえられています。 飾られているアンティークは普通に使うことができますが、気に入ればオンラインショップで購入可能となっています。その家具が売れたら、また別の家具が届けられる仕組みだそうです。 アンティークだけではなく、このシェアハウスは70畳もの広いリビングがあるのも特徴です。このリビングには、ビリヤード台を配していて気軽に楽しむこともできます。 >シェアハウスで母子家庭のみが住んでいる住宅があるそうです。皆、事情により離婚した母子たちが一緒に助け合いながら生活していくというシェアハウスでした。母子家庭だと、母親が仕事で遅い場合、子どもが一人で夕食を食べることもありますよね。母子専用のシェアハウスなら、リビングには他の母子家庭のお友達やお母さんがいるので、もし仕事で遅くなってしまっても皆でごはんを食べ、一人ぼっちで留守番するということがなくなるのでとてもうれしいと一人のお母さんが言ってました。こどももとても楽しそうに食べていました。

不動産と駐車場の位置

思い込みで決定してしまうと、後で予想と違う事態に直面して困ることがあります。住宅という高い買い物をする時には、思い込みを避ける必要があります。たとえば、購入する不動産によっては、駐車場がついていないことがあります。電車の路線が非常に発達している街の場合、電車で移動する人が多いので住宅に必ずしも駐車場は付いていません。もし自分も、車が不要な生活をする予定であるのならば、そのような物件を購入しても問題は大きくありません。しかし、現実問題として車はあった方が便利という家庭も多いものです。不動産を購入するかどうか迷っているときに、営業の人にその迷いを伝えたとします。そうするとたいていは、近くに月極めで借りられる駐車場がいくつかあるから大丈夫ですよと言われます。事実、住宅地でも探せば、どこかしらに駐車場は見つかります。では、近くにあるから大丈夫という言葉だけで、駐車場の問題は解決したことになるでしょうか。

家と駐車場は近いにこしたことはないですよね。うちは同じマンション内に立体駐車場がありますが、そこから部屋に行くまで少し時間がかかります。1Fでこんなことをいっていたら上の人たちはさぞ大変だろうと思います。やはり、重い荷物などはロータリーで荷降ろしして駐車場へ停めにいったりと、少し手間に感じてしまいます。

青梅 不動産 58 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産と駐車場の位置.